「風と共に去りぬ」の旅~プランテーション滞在1

旅行が天候に恵まれなかったときの保険として歴史的な建物に泊まることは
旅の目的の一つでありますが、ここオークアレイプランテーションでは本館
(ビッグハウス)に宿泊することはできません。敷地内のコテージでの宿泊となります.

コテージは外観からは想像できないほど中は綺麗です。ラブリーという表現がぴったり!ただし、レストランが3時までの営業なので夕食は頼んでおいた場合のみ3時までに届きます。2014年10月に初めて滞在したときはチックインしたら夕食は冷蔵庫の中と言われびっくりしました。夕食の選択肢はあまりにもさびしい限り・・・
最寄のレストランへは車で30分以上かかるとのことなので要注意です。
写真は#5Aの内部です。

dscn0860

今回の旅行では、ここを拠点として近くのプランテーション巡りを予定して
いましたが想定外の体調不良のため、ぜひ行きたいと思っていた
エバーグリーンプランテーションやフーマスプランテーションへ
行くことが出来ず本当に残念でした。

コテージの外観と私の今回のパートナーの白いシボレー。

 

Leotta について

趣味は乗馬と海外旅行です。どちらかにお給料を使い果たしています。 2002年から2006年は乗馬に夢中で海外旅行へは行っていません。 2006年に大病を患い、いつか行きたいと思っていた場所に永遠に行けないまま人生が終わってしまうと本気で思いました。情報がない、車でないと行けない、ひとりで行くのは寂しいなど理由を探して旅行を先延ばししていました。そんなことをしていたら永遠に行けないとき気づきました。 行きたい場所にどうしても行くと決めてからは企画から手配までの時間も楽しいです。自力でしか行けない場所へ行くために海外での車の運転にも慣れました。 そして写真を撮るのも好きなので、素敵な写真が撮れると帰国後もまた、楽しめて得した気分になります。たくさんの失敗もありますがリベンジと称してもう一度行きます。 2016年はJALのマイルを貯めてファーストクラスでパリに! 今は新型コロナウイルスの影響で海外旅行が難しいのですが、状況が変わればすぐに行ける準備中です。
カテゴリー: 風と共に去りぬの旅2016 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください